小学校受験で将来に備える|未来輝くスターになろう

家庭教師

今や一般化

家族

気をつけなければならない点

プレスクールとは、最近、よく芸能人のお子様などが通われている、通い始めたなど話題になっていますが、ここは未就学児の通われる保育施設です。日本では、英語教育などを行っているインターナショナルのプレスクールが多くあります。幼稚園や保育園のようなものです。そんなプレスクールで気をつけなければならない点は、毎月かかる月謝などの費用がインターナショナルプレスクールの場合は、かなり高額になるということです。幼稚園の私立の月謝は、3万円ほどで、公立になると1万円以下のところもあります。そんな中、プレスクールは、有名大学の付属幼稚園などは7万円ほどで高いのですが、それ以上に1.5から2倍ほどかかるため、費用の捻出に気をつけなければなりません。

知っておくと良いことについて

プレスクールで知っておくと良いことは、インターナショナルプレスクールの場合は、シャワーのように英語を話す環境に未就学児からいるのです。頭で考えるのではなく体に身につく教育を行っています。そのため、親が英語を話せなくても自然と身につく環境を作ってくれています。そんなプレスクールは、現在、日本に限られた数しかありません。そのため、どこで学ばせるかがポイントなります。各校の特徴をしっかりと理解した上で子供にあったところを選ぶことが大切です。また、最近では、共働きの方にも通えるように保育時間を長くする動きもあります。そのため、今以上に人気となってくると予測されるため、プレスクールに通わせたい場合は、早めの準備が必要となります。